【これはやめとけ】客層が悪いアルバイト

アルバイト

【これはやめとけ】客層が悪いアルバイト

客層が悪いアルバイトで働くデメリットと特徴

デメリット

アルバイトを探す際、時給や職種だけでなく、客層の良し悪しも重要なポイントです。客層が悪いアルバイトで働くと、以下のようなデメリットがあります。

  • クレームやトラブルに巻き込まれる可能性がある
  • 精神的・肉体的ストレスが溜まる
  • 仕事のモチベーションが下がる

特徴

客層が悪いアルバイトは、以下の特徴があります。

  • 酔っ払いや暴力団関係者、露出度の高い女性など、常識やマナーを守らない人が来る
  • モンスタークレーマーや理不尽な要求をする人が来る
  • 常連客で、店員に絡んでくる人がいる

客層が悪いアルバイトの例

  1. コンビニ
  2. パチンコ・スロット店
  3. 居酒屋
  4. カラオケ店
  5. ゲームセンター

これらのアルバイトは、24時間営業や深夜営業が多いため、酔っ払いやマナーの悪い客の来店率が高くなります。

また、パチンコ・スロット店や居酒屋は、酔っ払いの暴言やトラブルが起こりやすい傾向があります。

客層がいいアルバイトとは?

客層がいいアルバイトの特徴

客層がいいアルバイトは、以下の特徴があります。

  • 常識やマナーを守る人が多い
  • クレームやトラブルが少ない
  • 店員を尊重してくれる人が多い

客層がいいアルバイト5例

客層がいいアルバイトを5選ご紹介します。

  1. ゴルフ場
  2. ホテル
  3. エステサロン
  4. オフィスの受付

これらのアルバイトは、客層が比較的よく、クレームやトラブルが少ない傾向があります。また、接客業の中でも、高級感や上品さを求められるため、常識やマナーを守る人が多いです。

アルバイトを探す際は、客層の良し悪しも考慮して選ぶようにしましょう。客層が悪いアルバイトで働くと、精神的・肉体的ストレスが溜まり、仕事のモチベーションが下がる原因になります。

客層の良し悪しは、求人情報だけでは判断しにくい場合もあります。アルバイト先の雰囲気を確かめるためには、実際にお店や施設に足を運んで、店員や客層をチェックしてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました